SaaS型決済処理システムを使った
お手軽PCI DSS準拠

クラウド上のSaaS型決済システム Gyro-n Pay PLATFORM を利用することで、既存の決済システムがこれからPCI DSSへの準拠する場合のコストを大幅に軽減できます。
また、既に決済代行事業をされている場合でも部分的にリプレイスをすることで、PCI DSS準拠対応を小さくし、運用コストを大幅に下げることができます。

Payment SaaS

改正割賦販売法とその実行計画では、EC事業者へ2018年3月末までに
「クレジットカード等の適切な管理」をするよう、求めています

決済代行事業者に求められるのは
PCI DSS準拠と、
EC加盟店への非保持型決済サービス提供

いち早くPCI DSS準拠がしたい

既に多くの決済代行事業者さまでは、PCI DSS準拠対応ができている事と思いますが、もしも未対応であれば、早急にな対応の必要があります。もちろん信頼性の面やノウハウ習得のため、自社で開発できる事が望ましいですが、対応期日が迫っている現在では、すぐに始められる本サービス(Gyro-n Pay PLATFORM)をお勧めいたします。
サービス資料で詳細を確認

既にPCI DSS準拠しているが
運用コストを軽減したい

PCI DSS準拠には専用のハードウェア(FW/IPS等)の購入、またはそれをパッッケージングしたクラウドサービスを利用する必要があります。購入の場合は保守契約も必要で、相応のコストがかかります。
Gyro-n Pay PLATFORM は、PCI DSS Ver.3.2に既に準拠した、非保持型に対応したSaaS型決済システムです。ご利用はトランザクション数に応じた月額のみで運用コストを軽減できます。
費用を確認
しかも、様々な機能をREST APIを通して提供するので、現在ある加盟店用管理画面やアプリなどを活かしたまま決済システムの機関部分をアウトソースしていただく事も可能です。

hikaku

クレジットカード情報の非保持化とは?

もう一つ、決済代行事業者が求められているのが、EC加盟点に対し「カード情報非保持化(処理・保存・通過させない)」を実現するためのソリューション(機能・仕組み)を提供するという事です。
カード情報の通過について

どのように非保持化を実現するか?

Gyro-n Pay PLATFORM は、EC加盟店が「非保持化」を実現しつつ、従来通りのビジネスモデルを継続できるような仕組みをご用意しております。
カード情報の非保持化の手順

     

Gyro-n Pay PLATFORMは、このようなご要望にお応えします

 

PCI DSS準拠の対応がしたい
または対応コストを縮小したい

・すでに事業をされている決済業者さま

「EC加盟店に提供すべき機能」を獲得したい

  • カード情報非通過型の決済インターフェイス
  • トークン化によるカード情報の非保持化
  • トークン化したカードに対する継続的な課金
  • シンプルな管理画面(マーチャントコンソール)
・EC関連システムをお持ちの事業者さま
・これから決済関連事業を始める事業者さま
・イシュアさま、アクワイアラさま

ご要望にお応えするため、私たちが準備したもの

  • クラウド上に構築したSaaS型決済システム
  • 必要な情報を、必要なときに、好きなだけ参照できるREST API
  • 決済代行事業の運営15年以上の運用ノウハウ
  • PCI DSS準拠・更新歴8年以上のノウハウをベースとした取得、適用範囲最適化の支援

Gyro-n Pay PLATFORM導入で期待できるコスト削減効果

初年度 ※当社試算

オンプレミス環境へ
自社構築する場合比較し

86 削減

PDI DSS対応のクラウド環境へ
自社構築する場合と比較し

84 削減

翌年以降 ※当社試算

オンプレミス環境へ
自社構築する場合比較し

51 削減

PDI DSS対応のクラウド環境へ
自社構築する場合と比較し

57 削減

  

Gyro-n Pay PLATFORMご利用条件

価格

  • 初期費用:無料
  • 月次費用:50万円〜
    ※月間1万トランザクションまで
    ※それ以上は別途見積

オプション

  • PCI DSS準拠、導入支援
  • 接続サポート、運用支援
    ※ いずれも個別見積