クレジットカード情報の非保持化はお任せください

2018年3月末以降、原則的にPCI-DSSを取得した加盟店以外はクレジットカード情報の保持ができなくなります。 現在カード情報を保持している方は、すぐにでも非保持化をご検討ください。Gyro-n Pay PLATFORMはカード情報を保持しなくても、自由なサイクルと金額で継続的な課金ができる仕組みをご用意しています。

カード情報非保持化までの3 STEPS

1. ウィジェットを設置する

Gyro-n Pay FLATFORMでは、ウィジェットからカード情報を取得します。まずは新規購入者が「Token」のチェックアウトタイプでカード情報の登録を行えるよう、設置してください。
処理が完了すれば暗号化されて加盟店が保持しても問題ない「トークン」が発行されます。

2. 発行されたトークンを取得・格納する

発行されたトークンは、ウェブフックで通知されます。通知されたトークンを顧客情報のDBに記録するなどして、活用に備えてください。

3. 発行されたトークンの活用

格納されたトークンを定期課金(定額・定期で以降自動的に動作)、または継続課金(金額も期間も任意で都度リクエスト)に活用できます。これにより、どのような課金形態であってもカード情報を保持する必要がなくなります。

非保持型の定期課金について詳しく

非保持型の継続課金について詳しく