非通過型のクレジット決済

クレジット取引セキュリティ対策協議会が発表した「実行計画」により、決済代行会社のオンライン決済システムを利用している加盟店(EC・ネットショップなどを運営している事業者)は、2018年3月末までにカード情報の非通過化を完了させる必要があります。 これからネットショップを立上げる方や、今まさにシステムを開発中の方は、是非この「非通過型」を前提に設計をしてください。

ウィジェットで「かんたん」に
非通過型を実現

難しいと思われがちな、ネットショップへのクレジット決済導入ですが、Gyro-n Pay PLATFORMのウィジェットはたった数行のタグを挿入だけで、最小限の画面遷移でもっともセキュアな「非通過型決済」が実現できます。

もっと詳しく

消費者から見た画面遷移も「かんたん」

従来からある決済システムの多くは、決済システム内のフォームにリンクをさせるケースが多く見られましたが、別ドメインへの遷移に抵抗感のある消費者は少なくありません。
その点、ウィジェットは別ドメインへの遷移を伴わず、シンプルに処理が完了します。

easy and secure

カード情報の通過とは?

ネットショップでの、カード情報通過イメージ

他社でいう「API方式」などの「カード情報を加盟店のドメイン内に設置されたフォームに入力する方式」は、カード情報が加盟店ドメイン内のファイルへ入力された後に決済代行会社に送信されるため「通過」しています。

no_trans02

書面申込のある業種・業態での、カード情報通過イメージ

加盟店スタッフ様やお使いのPCなどをカード情報が通過する(同じく赤線が通過している)ため「通過」と見なされます。

no_trans02

加盟店が自社、または委託先コールセンターでカード情報を聞いている場合

この場合も、コールセンタースタッフ様や委託先企業をカード情報が通過する(同じく赤線が通過している)ため「通過」と見なされます。

no_trans03

非通過型のイメージ

ウィジェットを使った非通過型

Gyro-n Payのウィジェットを用いた場合、加盟店ドメイン内で決済が完了するにもかかわらず、javascriptによってブラウザのDOM(Document Object Model)上にフォームを設けるため、カード情報は加盟店サイトを一切通過しません。

no_trans06

カード情報の非通過化に関する最新情報

最新情報は、経済産業省のwebサイトをご覧ください。