カード情報のトークン化(トークナイズ)とは

カード情報の非保持・非通過化を実現しつつも、サイクルや金額の変動に備えることもできるのがこの「トークン化」のメリットですが、その詳細について説明します

機密情報であるカード情報と、トークンの違い(一覧)

トークンとは何か?

なぜ、トークン化が必要なのか

カード情報(カード番号と有効期限の組み合わせ)は、機密データと位置付けられており、2018年3月以降、PCIDSSに準拠した企業とそのシステムでなければ、保持できなくなります。
しかし、その組み合わせを非可逆の文字列に置き換え、かつ、特定の加盟店でしか使えない符号に変えてしまえば、特に保持や通貨に対する制限の対象にはなりません。

PCI DSS取得済みでも、お役に立てます

既にPCIDSSに準拠した企業様やそのシステムであっても、トークン化を活用することで対象範囲を限定することができ、監査や更新のコスト軽減にお役立ていただけます。